土居珈琲に店舗はあるの?【実際にお店で購入はできるのか?】お得なセットをご紹介!!

通販で美味しいコーヒーをいつも注文できる土居珈琲ですが、
店舗でのお買い物はできるのか、実店舗はあるのか、気になる方多いと思います。ぜひご覧ください。

土居珈琲に店舗はあるの?【実店舗で買い物はできるのか】

土居珈琲に実店舗自体はあります。

住所:〒592-8343
大阪府堺市浜寺元町4-496-1

しかし、店舗は会社住所ということでコーヒー豆焙煎や配送、その他事務作業は行われていますが、販売はされておりません。

土居珈琲では店頭販売等は一切ありません!

現在、購入できるのは楽天、amazon、公式サイトのみのネット通販のみとなっています。

なぜ店舗販売がないのか?

土居珈琲で注文するとわかるのですが、注文を受けてからコーヒー豆が焙煎されて、

その翌日には届くので、焙煎したての新鮮なコーヒー豆でコーヒーを飲むことが出来ます。

仮に店舗だと数十種類ある豆を焙煎し状態でストックしておくのか?ということになると焙煎から1週間、2週間経った豆も店に並ぶことになり、

お客さんに新鮮なコーヒー豆を届けられないというデメリットが出てくるからです。

土居珈琲は楽天、amazon、公式サイトどこから買うのが1番お得?

まずコーヒー豆において一番大切な豆の品質や焙煎日ですが、

楽天、amazon、公式サイトいずれも公式の土居珈琲さんが運営されているようなのでどこのサイトで買ったから豆の状態が良い、劣っているなんてことはないです。

そこは安心してください。


しかし、豆の焙煎度合(イタリアンロースト・フレンチロースト・フルシティロースト・ハイロースト・シティロースト)を選ぶことが出来るのは公式サイトだけです。


そして、豆の状態(豆のまま・細挽き・中挽き・粗挽き・極細挽き)を飲み方、淹れ方に合わせて選べるのは公式サイトと楽天だけです。

なのでamazonは焙煎度合いと豆の状態はお店が決めた状態でしか購入できません。

サイトごとのオプションを比較!

  楽天 amazon 公式サイト
焙煎度合いの選択

豆の状態の選択

公式サイトだけが唯一、焙煎度合い・豆の状態を選べます。


次に送料ですが、こちらも楽天、amazon、公式サイト同じく送料は一律で550円となっているようなので違いはありません。

次に豆の銘柄ごとの価格です。

サイトごとの価格を比較!

銘柄 楽天(税込み) amazon(税込み) 公式サイト(税込み)
グァテマラ カペティロ農園 2,198円 2,198円 1,998円
ブラジル ダテーラ農園 1,901円 1,901円 1,728円
コロンビア エメラルドマウンテン 3,089円 3,089円 2,808円
エチオピア イルガチェフェ 2,020円 2,020円 1,836円

ゴールデンマンデリン

2,614円 2,614円 2,376円

人気銘柄をピックアップしてみましたが、楽天とamazonは基本的に同じ価格でどの銘柄も公式サイトが若干ですが1番安いことがわかりました。

これは意外でした、どのサイトも運営は土居珈琲さんがやられているので価格は同じだと思っていましたが公式サイトが一番安かったです。

なぜ公式サイトが安いのか?
楽天やamazonはショッピングサイトのため出店には費用が掛かる為、
その分の費用が上乗せされているのではないかと思われます。

個人的には楽天、amazon、公式サイトを比較すると、
そのサイトでポイントがたまっているとかでなければ1番価格も安く、焙煎度合い、豆の状態を自分の好みで選べる公式サイト一択ではないかと思います。


まとめ

土居珈琲の会社自体はありますが店舗としての販売は一切行われていないようです。

土居珈琲を購入できる公式サイトはこちら→ドイコーヒー

土居珈琲を実際に飲んでみたレビュー記事はこちら